ヒト"モノ"つなぐ

低コストで簡単IoT

SCROLL
イメージ

What's
SmartBee IoT?
SmartBee IoTとは?

デバイスをモノに繋ぐ事で、簡単、低コストに様々な
“モノ”や“コト”を可視化するSigfoxを利用したサービスです。
その場にいなくても状況が把握、データの可視化ができます。

管理状況を分析し、
作業の効率化、人件費の削減に

  • イメージ

    使用状況の確認

  • イメージ

    ライフラインの
    自動検針

  • イメージ

    在庫管理

  • イメージ

    呼び出しボタン

異常を検知し、事故を未然に防ぐ

  • イメージ

    水位などを確認

  • イメージ

    温度を管理し異常を検出

  • イメージ

    運送トラックの
    現在地表示

  • イメージ

    使用頻度を分析し、
    修理、交換の目安に役立てる

Feature 仕組み・特徴

  • イメージ

    1 Feature

    使用用途は無限大

    「温度」や「加速度」のセンサーと「ボタン」がついたデバイスで、直ぐに使用が可能。 また、外部センサーを利用し、例えば「GPS」や「水位」、「赤外線」をつけるなど、企業毎やサービス毎にカスタマイズした計測が可能です。

  • イメージ

    2 Feature

    低コスト

    通常、独自のIoT化を行う場合、新たに基地局の設置やクラウド環境の構築が必要になります。
    しかし、SmartBee IoTは世界30カ国以上で展開をするSigfox社のネットワーク回線とクラウドを使用するので、 このような費用と手間のかかる作業は必要ありません。

  • イメージ

    3 Feature

    効率化・人件費削減

    一旦デバイスを設置すれば長期間、再度現地に行く必要がなく人件費の削減が行えます。
    また、全国のデータをひとまとめにしたり、月、年単位でグラフとして比較すれば、改善点の発見や作業の効率化、 人件費の削減に繋がります。

Reason SmartBee IoTが選ばれる理由

  • イメージ

    手軽に確認

    取得したデータの閲覧は、LINEなど、様々なアプリケーションで、どこにいても簡単に確認ができます。

  • イメージ

    省エネ

    12バイト以内の小データの送受信に特化したデバイスのため、1日5回の送信で6年※電池が持ちます。
    ※センサー、使用状況に左右される場合がございます。

  • イメージ

    小型&ワイヤレス

    省電力の小型デバイスのため、電源コードなどに繋ぐ必要がなく、いままで導入が難しかった場所にもお使いいただけます。

  • イメージ

    幅広い対応エリア

    現在は主要都市エリアを中心にサービスを行ってますが、2020年には人口カバー率99%になる計画です。
    ※Sigfox通信事業者の計画によります。

Case 導入事例

イメージ

1 Case

ネスレ日本様 「キットカット たのめるくん」

ネスレ日本様が「キットカット」をより手軽に楽しんでいただけるよう「ネスカフェ アンバサダー」向けに提供する新サービスです。在庫少量時にボタンを押せば自動的に発注できる仕組みをつくり、定期的に在庫確認をしなくとも、迅速に商品の補充、監理が出来るようになりました。また、LTE回線と比較しても、コストダウンが予想されます。
2017年12月中旬からサービスが開始され、2018年末までに10,000オフィスでの利用が見込まれています。

イメージ

2 Case

住民「見守りシステム」

住民の最新の健康状態や介護に関する状態を確認し、在宅医療・介護に役立てるため、IoT を活用した新たなデータを収集するサービスです。
住民にボタンデバイスを配布し、相談または要望事項が発生した際にボタンを押すことで、Sigfoxネットワークを経由して、役場 に通知される仕組みです。その後、役場側から電話連絡を受けることができ、内容に応じて適切な担当者へ相談することができます。従来の電話やメールなどの連絡手段より気軽に相談できるので、住民のニーズを把握しやすくなり、新しい生活支援の仕組みに役立つと予想されます。

Price / Suport 料金・サポート

デバイス+サービス利用料(1年間)

¥9,000/台

サービス利用料:通信利用料+SmartBee IoT利用料
2年目以降は更新料+サービス利用料のみ(4,500円/台)

イメージ

デバイスについて

Q

外部センサーとの接続はどのように行うのですか?

A

シリアルインターフェースとしてUARTを実装していますが、Sigfoxの送信メッセージのフォーマットへの変換に中間装置が必要となります。

Q

温度のデータの送信頻度はどれくらいですか?

A

10分間隔(※)から1秒単位でご指定頂けます。
※1日の送信回数に制限があるため、10分間隔を最短間隔としております。

Q

どのような機能がありますか?

A

温度、加速度、通知ボタン、シリアルインターフェースを備えており、それぞれ独立した機能となっております。

Q

温度と加速度など同時に複数の機能は使えますか?

A

使用できません。ご注文時にご指定頂いております。

Q

注文時に指定した機能から変更は可能でしょうか?

A

温度、加速度、通知ボタン、シリアルインターフェースの各機能については、ユーザ様で変更は可能です。
詳しくは取扱説明書に記載しております。
また機能変更の際はシステム側での変更も生じますので、弊社問い合わせ窓口へご一報ください。

Q

各機能の詳細設定はユーザで変更できますか?

A

変更に関しては端末をご送付頂く必要がございます。
例えば、温度の時間間隔の変更、加速度の計測範囲または閾値につきましては、弊社にて変更とさせていただいております。



環境について

Q

1日何回まで送信可能ですか?

A

1日140回程度の制限がございます。

Q

使用できるエリアはどこで確認できますか?

A

下記のアドレスから概要をご確認頂けます。
https://www.sigfox.com/en

最新の情報など詳細につきましては別途、弊社までお問い合わせください。

Q

下りサービスが対応したと聞いたのですが?

A

現状、当社のご提供している製品はSigfoxの下りサービスは未対応となっており、対応予定も未定となっております。

Q

エリア外で使用したいのですが何か方法はありますでしょうか?

A

使用可能エリアは事業者である京セラコミュニケーションシステム株式会社の責任範囲のため、
弊社にて直接ご協力ができませんが、ご使用になられたいエリア、適用範囲など当社にご連絡いただければ、
事業者に働きかけが可能です。

Q

屋内で使用したいのですが、電波は届きますか?

A

対策済みのエリア内であっても、建物の奥まった箇所や建物が密集した地域、建造物の材質などにより、
不通もしくは圏外の可能性がございます。
実施に際して弊社にご相談いただければ、机上でのエリア確認または現地にて疎通確認を実施致します。



ダッシュボードについて

Q

利用するにはどうすればいいですか?

A

当社デバイスをご購入いただき、ご連絡いただければアカウント発行とURLのご展開を致します。

Q

グラフの時間間隔は変更できませんか?

A

最少単位が1時間となっており、取得の間隔が表示より短い場合、(例:10分間隔)1時間の値の平均値を表示しております。

Q

グラフは温度、加速度、電圧のみですか?

A

デフォルトでは上記、3種類のみとなっております。その他のご要望につきましては別途、カスタマイズとなります。

Q

用意されたダッシュボードではなく、自社のサーバにデータを送って利用したいのですが何か方法はありますか?

A

データに関してはCSV出力とCallbackによるデータ連携をご用意しております。Callback機能ではJSON形式でのMessage連携が可能です。

Q

期間指定してグラフを表示できますか。

A

ログイン後の画面右側に日付とカレンダーのアイコンの部分をシングルクリックするとカレンダーと標準で
「今日・昨日・直近7日・直近30日・今月・先月・自分で指定」が選択可能です。
また直接日付を入力すること、カレンダーから範囲を選択することも可能です。

NEWS

2018/05/21
AWS Summit Tokyo2018にBronzeスポンサーとして出展します。
2018/02/13
SmartBee IoTを利用したリアルタイムマッチングサービスの実証実験を実施しました。
2017/12/06
SmartBee IoTがネスレ日本様の新サービス「キットカット たのめるくん」システムに採用されました。
2017/10/11
AWSのテクノロジーパートナーに認定されました。
2017/09/11
SmartBee IoTをリリースしました。
2017/06/08
SIGFOXマルチアダプタがInterop Tokyo 2017 Best of Show Award のIoT/M2M部門でグランプリを受賞しました。
2017/06/05
SmartBee IoTがInterop Tokyo 2017 Best of Show Award ファイナリストにノミネートされました。
2017/05/24
SmartBee IoT をワイヤレスジャパン2017に出展します。